フレンチブルドッグ NINO のフランス生活 | La vie de NINO en Normandie ~ ノルマンディ地方でのんびり暮らしています

Villequier






DSC_0132_convert_20160518001813.jpg
ニノ : 「セーヌ河の畔に来ましたよ〜

急に暑くなってしまったので、ニノには豆絞Tシャツを着せて、セーヌ川沿いの小さな村にやってきた







DSC_0133_convert_20160518001943.jpg
ニノ : 「到着です






DSC_0131_convert_20160518010742.jpg
Villequier(ヴィルキエ)にある『ヴィクトル・ユゴー ミュージアム』
ヴィクトル・ユゴーはフランスの大作家で、『レ ミゼラブル』を書いた人ね








DSC_0136_convert_20160518002216.jpg
残念ながら、犬は中に入れないとのことえぇー、HPにそんなこと書いてなかったですよ・・・






DSC_0138_convert_20160518002353.jpg
と言うことで、ニノには外で待っていてもらうことに・・・







DSC_0145_convert_20160518002754.jpg
これはユゴーの娘、レオポルディーヌの部屋
『ヴィクトル・ユゴー ミュージアム』という名なんだけど、ここはその娘が嫁いだ家

それがどうして作家の名前で残されているかと言うと、







DSC_0148_convert_20160518003430.jpg
この家の前でレオポルディーヌが夫と舟遊びをしていた時に、舟が転覆して亡くなっている
その悲しみで、ユゴーは10年間(だったと思う)執筆できなくなってしまった
それを詩に残しているし、ユゴーを語る上では欠かせない場所なのだ








DSC_0161_convert_20160518004244.jpg
帰り道、ルーアンからル・アーブルに向かう貨物船や、







DSC_0156_convert_20160518003705.jpg
向こう岸に車を運ぶ船を見た
橋が架かっているところばかりではないから、今でもこういうものが残っているのだそう
川沿いの暮らしを少しだけ知った気がする


「日本にだって、昔は向こう岸に渡すシステムがあったんでしょ?」
と、うちのフランス人に言われたから、すごく遡って「大井川の川越人足」の話をしたよ

川の水位や人数によって値段が変わるんだよ・・・とか、浮世絵にもあるよ・・・とか、学校の社会科の授業、なんとか覚えてるもんだね〜








DSC_0172_convert_20160518004434.jpg
ニノは滞在中、いろんなところに行って、いっぱい歩いて疲れたよね
明日帰るからね





にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ  フレンチブルドッグひろば
ふたつのランキングに参加しています
いつも応援してくださってありがとうございます
 




バジルくんにも届いたよ!
DSC_2141_convert_20150926020004_convert_20150927045210.jpg
ニノのフォトブック
『フレンチブルドッグ NINO のフランスのんびり暮らし』

→ 河出書房新社HP
→ 
Amazon
お近くの書店で発売中です!



Posted by ninoquincampoix on  | 0 comments 

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。