フレンチブルドッグ NINO のフランス生活 | La vie de NINO en Normandie ~ ノルマンディ地方でのんびり暮らしています

病院






DSC_0937_convert_20160228021020.jpg
すでに港の写真を載せているけど、一昨日は朝焼けがきれいで、







DSC_0939_convert_20160228021208.jpg
港までの朝んぽも、こんな青空の下を歩いて気持ちが良かったのだ






DSC_0943_convert_20160228011710.jpg
ニノ : 「でも風がちょっと冷たいんですよ

日差しはどんどん春っぽくなってきているけど、まだ2月だものね・・・
じゃあ、ぼちぼち戻りますか・・・トイレも済ませてすっきりしたしね・・・







DSC_0948_convert_20160228011528.jpg
・・・ニノさん、私はそっちからは帰れないってば・・・







DSC_0950_convert_20160228011243.jpg
船底エリアをぶらぶら歩いて、家に戻ることにした







DSC_0956_convert_20160228010832.jpg
ニノ : 「お庭、荒らされてますよ・・・

ムクドリみたいな茶色の鳥たちに、お庭をぼこぼこに掘り返えされていたから、お散歩の後、少し片付けて家に入った
いつものようにニノの手足を洗って、体を熱いタオルで拭いてあげて、お尻をウエットティッシュで拭いた時、その紙が真っ赤になっていた

2、3日前にお尻(肛門の上部、尻尾のすぐ下)がぽちっと膨らんでるなぁと思ったんだけど、特に痛がったり、気にすることもなくて、そのまま少し様子を見ようかな・・・と思っていたものが裂けた模様・・・
出てくる血を拭いて、消毒をすると、血は止まったので、とりあえずそのまま様子を見ることに・・・

と思ったんだけど、







DSC_3430_convert_20160228011011.jpg
ニノ : 「病院ですって・・・

病院に急いだ
・・・それが、予約外の診察時間が終わっていたから、







DSC_3434_convert_20160228010915.jpg
ニノ : 「夜、もう1度来ましたよ・・・

残念ながらビーン先生で、診察前にニノのお注射は決定


診察時間までネットで調べて、「肛門に小さなぽち→血が出た」で『肛門周囲腺腫』なのかな?と心配していたのだが、
「ただのおでき」
だと言われ、念のため、炎症を抑えるお注射と塗り薬が処方された
虫に刺されたとか、棘がささったとかじゃないかって・・・
えぇーっ、こんなところ虫に刺されるかな?

それでも、本当に大きな病気ではないのかどうか食い下がっていたら、ビーン先生に
「あなたのことはよくわかってますよ、がはははっ・・・・

って言われたよ
心配性だってことなんだと思う

過剰に治療されるのも嫌だけど、ここではしてあげられることが限られるから、獣医さんが何か重要なことを見逃してるんじゃないかが気になっちゃって・・・
早めに発見、対処でしょ・・・ぎらぎらぎら・・・

このまま本当にただの吹き出物だったら良いけど・・・
って、まだ信用してないんでしょ







DSC_0961_convert_20160228010544.jpg
ニノは、気にする様子もなくて、その後、肝心のお尻は何事もなかったかのような姿になっている
ただのできものなのに、1日に2回も苦手な病院に連れて行かれたニノ
おつかれさま
大きな病気じゃなくて良かった・・・





にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ  フレンチブルドッグひろば
ふたつのランキングに参加しています
いつも応援してくださってありがとうございます
 



バジルくんにも届いたよ!
DSC_2141_convert_20150926020004_convert_20150927045210.jpg
ニノのフォトブック
『フレンチブルドッグ NINO のフランスのんびり暮らし』

→ 河出書房新社HP
→ 
Amazon
お近くの書店で発売中です!




Category : 病院
Posted by ninoquincampoix on  | 4 comments 

4 Comments

きゃん says...""
うちのワンコも 5か月程前に 横腹に謎のポッチが出来ました。 ネット調べたら恐ろしい病名が出てきて😱😱😱慌てて 病院行へ。
先生は「虫刺されです」‥‥😅
近頃の多過ぎる情報に翻弄されて、頭デッカチな飼い主。「本当ですか?脂肪腫ではないですか?組織検査しないんですか?」でも、脂肪腫はこんなんじゃないです☝️と笑われました。

心配し過ぎですかね。これも、愛情があるからですよね。

ニノくん オデキ お大事にして下さい(^_^)
2016.02.28 08:04 | URL | #- [edit]
まめお says..."分かります"
小さな事だと 言われようが

本犬達は 人間の言葉が喋れないから

余計 心配してしまいますよ


うちも この間 ジャッコのほう

拾った犬では あるけど

下痢と乳腺が少し腫れていて 

死んでしまうと思って そりゃ慌てて泣きながら

獣医さんに 訴えていました。

お蔭で 注射1本で 次の日からピンピンして

今では これまで以上に 元気にしてます。


気持ち よく分かります うん うん 
2016.02.28 16:36 | URL | #PTRa1D3I [edit]
ninoquincampoix says...""
きゃんさん、こんにちは
わかりますよ〜(笑)
こちらの獣医さんは、どちらかと言うと、自然治癒力を大事にしているような感じなので、最初は「何を悠長なことを言ってるんでしょ!」って気がしたんですよね。大したことがなければそれで良いのですが、それが誤診だったらどうするんだ!!と心配にもなってしまうんですよ(笑)
その後、おしりのぽちはなくなって、出血もしていないし、ニノは元気です。
いつもコメントありがとうございます。
2016.02.28 17:00 | URL | #- [edit]
ninoquincampoix says...""
まめおさん、こんにちは
そうなんですよ、実は重症だったなんてことになったら、後悔しても仕切れないから、小さいことでも早めに病院で診てもらった方が良いですよね。
ジャッコちゃん、なんでもなくて良かったです。
もしかしたら、犬は飼い主が心配するほど弱くはないのかもしれませんね。
いつまでも元気でいて欲しいです。
いつもコメントありがとうございます。
2016.02.28 19:20 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。