フレンチブルドッグ NINO のフランス生活 | La vie de NINO en Normandie ~ ノルマンディ地方でのんびり暮らしています

本場の和食

DSCN0848_convert_20110520200627.jpgDSCN0523_convert_20110520195814.jpgDSCN0539_convert_20110520200159.jpgDSCN0544_convert_20110520200434.jpgDSCN0951_convert_20110520200943.jpgDSCN0308_convert_20110520183956.jpgDSCN0244_convert_20110520183834.jpgDSCN0950_convert_20110520200834.jpgDSCN0471_convert_20110520195513.jpgDSCN0438_convert_20110520195324.jpgDSCN0387_convert_20110520184224.jpgDSCN0339_convert_20110520184104.jpg
日本に帰ったら食べたかったものがたくさんあった
久しぶりだもんね、本当の和食
お寿司なんて毎日食べても良い位の大好物
もし1週間、毎日3食同じものを食べなくてはならなかったら(←どんな状況下なんだっ)、私は迷わずお寿司を選ぶ

何を食べても美味しかった〜っ
とりわけごはんが美味しい(いつもタイ米だったもんね・・・)
真っ白で、ふっくらつやつやのごはんがこんなに美味しいとは思わなかった
やっぱりお米は日本料理の心髄だなぁっと思ったほどだ(大げさっ
どうやら私はすっごい勢いで食べていたらしく、両親は
「ずっと何も食べてない人みたいね・・・
と引いていた

でも微妙に期待していた味と違う・・・

お寿司だって美味しいはずなのに、以前のような口の中でとけるような、お魚の甘みを感じない

さらに、かき揚げ丼を食べた時のこと
「すごくお上品な味でおいしいねー」と言いながら平らげたのに、その後胃がもたれてお夕飯が入らなかった
同じものを食べた母は普通に食べていた

こうして日本食生活がしばらく続くと「ブルギニョン(牛肉の赤ワイン煮)が食べたいなぁ」と思うようになり、甘いものがないと食事が終わった気にならなかった




DSCN0960_convert_20110520235851.jpgDSCN0962_convert_20110520234301.jpgDSCN0965_convert_20110520235307.jpgDSCN0967_convert_20110520235617.jpgDSCN0968_convert_20110520235743.jpgDSCN0964_convert_20110520234518.jpgDSCN0963_convert_20110520234411.jpgDSCN0966_convert_20110520235430.jpgDSCN0957_convert_20110521000002.jpg
フランスに帰る日が迫ってきたある日、古民家レストランに食事に行った
こういう日本の昔の建築物に触れたかったから、ウキウキしながら出かけたのだった
ところが、そのお料理の量の少なさに不満爆発

「イタリア料理なのに懐石なんて許せないっ
もう私の胃袋は日本人並みではなくなってしまったらしい
周りのお席でランチを楽しんでいるおばさま方は、量が少ないなんて言っていなかったもんね・・・

ここで暮らしている間に、私は、どんどん繊細な味覚を持つ日本人ではなくなってしまったのだろうか・・・



DSC_0466_convert_20110521010340.jpg

「ぼくは日本でお魚をいっぱい食べたんだよ」

そうね、日本にはニノが食べられる美味しい小魚がたくさんあるものね
また今度帰ったら美味しいお魚たくさん食べようね

・・・でもその時、私は和食を美味しいと感じるだろうか...お寿司が美味しいと感じる味覚を持ったままの人でいたいよ~っ・・・




にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへにほんブログ村 海外生活ブログ フランス情報へフレンチブルドッグひろば
ランキングに参加しています
いつもしてくださってありがとうございます

Category : 日本の旅
Posted by ninoquincampoix on  | 4 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。